神聖幾何学とカタカムナ
目に見えない世界を感じてみよう! 綿棒ワークで感じる形霊、数霊の世界 カタカムナ文字、ウタヒで感じる言霊の世界 目には見えない形がエネルギー生み出していて、 その形態が生み出すエネルギーのことを形霊(音が生み出すエネルギーを音霊、数が生み出すエネルギーを数霊、言葉が生む出すエネルギーを言霊)といいます。 この形霊が波動、周波数を生み出して その形態の骨組みを作り出し、この世界、 3次元で、私たちの目に見える形となります。 その骨組みを綿棒で作り見せてくれるのが 神聖幾何学綿棒ワークです。 この骨組みを見ることで私たちは、流れ出しているエネルギーを感じることができます。 見えない世界を見えるようにして体感できる ということです。 また、カタカムナの「カタ」は、 肉体や物質など目に見えるものを指し、 「カム」はそこに流れる 目に見えないエネルギーを指し、 その2つを統合したもの(ナ=+)をカタカムナと いうように、その原理を語っています。 この世界の構造を見ていくための ひとつのツールとして、 ぜひ神聖幾何学とカタカムナの世界を 感じてみてください。 はじめに 第1章:すべてはマワリテメグル世界 実在は内にあり、外の世界は虚像 見えているものは過去 自分はどのような振動を起こしているのか カタは形であり、カムはつなぐエネルギー 命は振動であり、生命波動 その言葉は真心から出ているか 地球も松果体もクリスタルでできている 369で動く球体原理 綿棒ワークで立体意識を育む 第2章:綿棒で神聖幾何学を作る・感じる ベクトル平衡体 マカバ ベクトル平衡体とマカバの組子 ツリーオブライフ フラワーオブライフ プラトン立体 一霊四魂 手まりフラワーオブライフ 綿棒ワークの材料 第3章:神聖幾何学とは何か 調和が極まったセークリッド・ジオメタリー 神聖幾何学を綿棒で作る 構造を観察する ベクトル平衡体とマカバ 形態は波動を持ち、バイブレーションを放つ 私たちが見ているものは実像ではなく影 基本は正三角形 プラトン立体の構成要素 魂の構造は宇宙の構造 第4章:カタカムナ文字とカタカムナウタヒ 図形でできたカタカムナ文字 カタカムナウタヒ1首~10首 カタカムナ中心図象 カタカムナの構造

カタカムナの時代が到来しました
「令和」の時代、数霊36。ミロクの世。
明治、大正、昭和、平成と来て、
令和となる意味。

一人一人が言霊の力を使って、
カタカムナ時代のような平和な世界を目指す、
その最終局面へきています。ベストセラー『カタカムナ言霊の超法則』著者、
吉野信子さんによる新時代へのメッセージです。ついに、令和の時代を迎えました。
エネルギー的に大きな御代代わりとなり、
日本人の集合意識が変わりつつあリます。カタカムナウタヒから読み解く言霊の力と
宇宙原理を知ると、
これから私たちが進むべき道、生き方が鮮明に
見えてきます。まさに、真心という波動しか通じない世の中が
始まったのです。
【目次】
はじめに――ついにきた「令和」という
カタカムナの世第1章 カタカムナとは何か
すべてに意味がある
すべてを認めると、生き方が変わる
カタカムナとは何か
カタカムナは渦巻き構造
ヤタノカガミが示す宇宙の構造
人(ヒト)とは1次元から10次元を持つ存在

第2章 カタカムナで「令和」を読み解く
カタカムナ読み解きは振動を感じること
「令和」が意味していること
日月神示が語るミロク
令和は「ヒフミ」が現象化するとき
明治、大正、昭和、平成の時代を読み解く

第3章 天皇という奇跡の真心
三種の神器とは何か
高御座は命のシステムを象徴
「君が代」が歌っているもの
一人一人が心の天皇になる

第4章 イスラエルへの旅
世界平和のカギを握るイスラエル
能でわかる時間の本質
北緯33度のガリレア湖で世界平和を祈る
日本語とヘブライ語の類似

第5章 真心しか通じない時代
令和元年6月6日六甲で祈る
「真心しか通じなくなる日」の始まり
東経135度から始まる新しい文明
33度線上が意味すること
たどり着いた真命山

第6章 カタカムナと聖書
INRIとは「復活」という意味
聖書の数字を読み解く
「アーメン(A-men)」の本当の意味
口から剣を出すとは?
イエス・キリストが求めたモノ

第7章 カタカムナが語る宇宙法則
時は未来から過去へ流れる
中心は中空構造という穴
日本人は闘わぬ霊統
滅びるものこそが神
神である本当の自分を生きる

あとがき――見えないものこそが
ものごとを動かす


カタカムナでめぐる聖地巡礼
超古代文明とされるカタカムナ。魂の精神科医とし
て人気の越智啓子さんとカタカムナ研究家の吉野信
子さんが、カタカムナにゆかりのある場所をめぐっ
て、神々やその土地にまつわるエネルギーについて
読み解きをしていく。日本という場所はどういう場
所なのか、琉球が地球の中心と言われるのはなぜか、
日本人とは?いのちとは?…… 導かれるように弥山
薩摩、富士山などをめぐっていきます。言霊、数霊、
形霊を現代で体験していく魂の旅です。序 章 カタカムナで聖地をめぐるということ◎三種の神器とカタカムナ
◎あなたの中にいる私、私の中にいるあなた
◎君が代は、地球の平和を祈る歌
◎思いと行動、言霊を等しくする生き方…など第1章 地球の中心を訪ねる【沖縄編】◎琉球は陰陽のエネルギーを表す重要な場所
◎生態系の頂点にいるのはオオカミ
◎ミーヌシンはすべてを見通す目の神
◎大神島にカタカムナの図象があった…など第2章 平和と隼人をめぐる【広島・九州編】◎広島は平和を誓う場所
◎鹿児島神宮は大和朝廷の要
◎隼人はカタカムナ人
◎開聞岳の封印を開く枚聞神社
◎宇佐八幡に隠されたもの…など

第3章 カタカムナの大元をたどる【六甲・富士山
編】

◎カタカムナのシンボル、六甲山
◎カタカムナの聖地、保久良神社
◎瀬織津姫とつながる六甲比命大善神
◎富士山は思いのピラミッド…など

終 章 思いが現象化するということ

カタカムナ48音の思念(言霊)表カタカムナ数霊の思念表 1~99


カタカムナ数霊の超叡智
『カタカムナ言霊の超法則』で言霊の原理原則、音が本来持っている思念(言霊)の法則を解明、明らかにした著者の第2弾は、数霊です! 言葉と同じように、数字にも魂が宿っています。数・数字が持っている思念・エネルギーの法則、読み解き方を解説します。著者オリジナル、1から99の数霊思念表つきです。

カタカムナ言霊の超法則
日本語の源流である「カタカムナ」に秘められた宇宙のしくみ、原理原則を読み解く決定版!著者はセミナー等で大人気の「ヒフミ48声音の思念読み」の第一人者。カタカムナ文字を分析し、世界中の言葉や現代語に共通した言霊の法則があることを発見。48声音に秘められた内的なエネルギーの法則「カタカムナ48声音の思念」を使うと、言葉の本質的な意味がわかり、夢が実現しやすくなります。精神科医・越智啓子先生、大推薦!